We are Searching for…… ずっと、探している。

2020. 4. 6

 

We are Searching for……

ずっと、探している。

子供たちはいつでも、何かに夢中になっていて、その合間に泣いたり、眠ったり、笑ったり、質問をしたり、

私たちに対して異議を唱えたりして、今日はあっという間に過ぎていきます。

やがて、子供の時間は終わっていく。

私たちは普通の大人になって、何かと交信し続けるような、あの頃の夢中が消えていってしまう。

そうだ。私たちにとっては、夢中になることこそが重要なんだ。

夢中であれば、たった今を生きることができる。夢中であれば、何が起きてもやっていける。

君は、夢中を作り出しているのかい?忘れてはいないかい?この作品は、そんなことを問いかけてくる。

ずっと、作りたかった「ありをみるこども」。やっと日本で作ることができました。

この作品は陶器ではなく、ずっしり重い金属(銅)でできています。

1974年のリサが「土」から「金属」に挑戦した傑作を日本で復刻しました。

スペシャルサイトはこちら

 

News,

Related article

  • KNOCK ON, News,

    マイキー誕生秘話

    Lisa Larson

    S:デザイナー、K:トンカチ代表、M:新入社員(インタビュアー) (マイキーバースデーを目前に控えたとある金曜日) マイキーの生い立ち Q1:マイキーはベイビーナンバーブックの「1」のページに登

  • KNOCK ON, News,

    When I was fourteen. 私が14歳だった頃

    LISA LARSON

    2022年4月20日、マイキーが14歳になった。誰にとっても14歳は特別な歳だ。14歳の時に全て が一度終わり、全ての予兆がここから始まる。14歳には幼年の無邪気さも残っているが、少年の 残酷さも

  • News,

    MIKEY STYLE BOOK

    Lisa Larson

    日本で一番有名な北欧の猫「マイキー」の全てをお見せします! そこに寄り添い、それを守る、不思議な猫の本。 まるで現実の猫のように、マイキーには様々なヴァリエーションが存在します。そして新しいマイキ

  • KNOCK ON, News,

    リサのインタビューが公開されました。

    Lisa Larson

    2014年から2015年に開催した展覧会「リサ・ラーソン展」の映像から抜粋したインタビューです。リサ・ラーソンの生誕90周記念として許可を得て公開します。