Donna Wilson

ドナ・ウィルソン

スコットランドの田舎で生まれた彼女は、幼少期の多くの時間を祖母と過ごし、絵を描くことを覚えた。やがて、風景や自然を「色」と「模様」そして「空」として捉える感性を育み、それは彼女のシンボルとなる奇妙なクリーチャーやテキスタイルなど、様々な作品やデザインに昇華されていった。常に心は故郷の自然とつながり、彼女のインスピレーションが遠い記憶と混じりあい、それらは、雨となり、花となり、生き物となり、作品が生まれていく。

 

※2019年10月より、ドナ・ウィルソン関する取材、お取引、ライセンス等に関してはトンカチまでお問い合わせください。(お問い合わせはこちら

 

Artist News

アーティストニュース

  • News, Donna Wilson

    Donna Wilson, our new muse

    Donna Wilson

    ドナ・ウィルソン(イギリス/アーチスト)がトンカチに加わりました。 ニットの世界のティム・バートンとも、「寿司」以来の衝撃(!?)とも評された奇妙なクリーチャーのぬいぐるみで知られるドナですが、その

Profile

Textile Artist / Designer

United Kingdom

スコットランドに生まれ、ロンドンを拠点として活動するアーチスト。
2002年に最初のドナドールを生みだして以来、彼女はずっと奇妙な生き物を作り続け、さらに創作活動の場を広げ続けている。様々なアーチストや企業とのコラボレーションも多い。ニットの世界のティム・バードンとも評される。

Works

Knit

ニット

ドナ・ウィルソンのウールの世界。幼少の頃、彼女は羊のペットを飼っていた。パターンと色彩が混じりあう幸せな宇宙。

Interrior

インテリア

イメージはカタチを変えて増殖する。

Textile

テキスタイル

18歳からずっとテキスタイルを愛してきたドナ。

Drawing

ドローイング

美しさとやさしさ、ユーモア、自然への愛、それらは地下水みたいに、彼女の作品すべてに流れる。

Collaboration

コラボレ―ション

企業や美術館など、様々なコラボレーションに取り組む。人が関わる遊び心が好き。